訪問販売 警察

太陽光発電の訪問販売。怪しかったら警察を呼ぶことも考える

太陽光発電の訪問販売はトラブルが多い

太陽光発電は現在、世界的に注目が集められる発電方法として
知られるようになりました。
メガソーラー発電所などの建築も世界各地で行われるようになってきており、
完全に自然によって作られたエネルギーを電気に変換することで、
環境負荷を極力まで小さくして発電が行えるようになっています。


こうした太陽光発電は、「エコ」というイメージや「家計に優しい」という
イメージが付いているため、法人ではない個人であっても自宅に設置すると
いう人が増えてきました。


ですがここで注意をしたいのが「太陽光発電の訪問販売はトラブルが多い」
ということです。


特に「必ず得になります」というようなことを言ってくる訪問販売が来たの
であれば、それは要注意です。


そもそも太陽光発電は設置する屋根の傾斜やサイズ、日射量などのデータを
取らなくてはその効果を予測することができないのですから、
会ってすぐに甘い言葉で誘ってくるような業者は非常に怪しいと言えるのです。

そうした業者は話を聞くよりもまず断ることが重要ですが、
中には断っても帰ろうとしない業者もいます。
そうした際に取るべき対処となるのが「警察を呼ぶ」ということです。


この警察を呼ぶという行動は、人によっては抵抗感を感じることもあるでしょう。
ですが、こうした「押し売り」のような悪質な業者については法的な処罰の対象であり、
ましてや家主が「帰ってほしい」と言っているのに居座り続けるのであれば、
それはれっきとした犯罪です。


少し躊躇をすることが大きなトラブルの原因になることもあるのですから、
もし不要な太陽光発電の訪問販売が来たという場合にはキッパリと断り、
それでも話を聞かないようなら警察を呼び、トラブルを防止するように心がけましょう。

Copyright (C) うまい話には裏がある、太陽光発電の訪問販売は信用できる?. All Rights Reserved.